テーマ・カテゴリーで探す

調査
集客
制作
管理
改善
その他


「課題」で探す場合はこちら

課題から探す

調査・リサーチ関連
その他
顧客管理関連
Webサイト改善関連
Webサイト制作関連
Web集客関連


「テーマ・カテゴリ」で探す場合はこちら
Large

    世界のSNS利用者数が24.6億人に!など【Marketer's STORE編集部ニュース】

    • Thumb
    • 牧野 拓也
    • 2017/07/31

    こんにちは。Marketer's STORE編集部です。

    Marketer's STOREでは編集部が独断と偏見で選ぶ、マーケティングに役立つニュースを隔週でお届けしております。

    業務で忙しいみなさまの情報収集のお役に立てると幸いです!

    今回は2017年7月後半にリリースされたニュースをまとめてみました。

    それではどうぞ。

    世界のSNS利用者数が2017年に24.6億人となる調査結果が

    227869.png

    アメリカの市場調査会社eMarketerのレポートによると、2017年の全世界のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者数が24.6億人となり、3人に1人がSNSを利用することになると明らかになりました。

    このレポートでは、SnapchatやWeChatなどは含まれていないのですが、これらのメッセージアプリも含めると世界中でユーザー同士が「つながり」を持つプラットフォームが大きなシェアを持っていることが改めてわかりますね。

    また新規ユーザーの増加率が高い地域はアジアや南米、アフリカのなどの新興国に目立ち、安価なスマートフォンの台頭や3G、4Gなどの通信環境の拡大が寄与していると報じられています。

    (引用、参照:eMarketer Updates Worldwide Social Network User Figures

    Facebook、スマートフォン向け動画広告が好調で過去最高益更新

    Facebookが2017年4~6月の四半期決算を発表し、売上高が前年同期比45%増の93億2,100万ドル(約1兆300億円)となり、四半期ベースで過去最高のものとなりました。

    特にスマートフォンなどのモバイル端末向けの動画広告が好調とされ、6月のFacebook利用者数も1年前と比べ17%増の約20億600万人であったことも報告されました。

    (引用、参照:Facebook社 2017年第2四半期(4月-6月)業績ハイライトフェイスブック最高益更新

    アフリカから110万ドル資金調達のメディアが登場

    omg_logo_stacked_color-749bf28a39a95cd70c0b12ef1efc4721.png
    ガーナのスタートアップOMG Digitalが110万ドルの資金調達を果たしたとTechCrunchが報じました。
    OMG Digitalは「アフリカ版BuzzFeed」と呼ばれ、月間450万ユーザーが来訪するメディアとなっており、調達した資金はアフリカ内での市場拡大にあてられるようです。

    OMG Digitalはアフリカ内のスマートフォンの台頭、Facebookユーザーの拡大とともに成長しました。またアフリカの人口の3分の1以上がミレニアル世代であること、アフリカ独自の文化があることから、それらのユーザーに最適なコンテンツを投下することで、アフリカへの進出を果たしたい海外のブランド広告主などからの広告出稿もだんだんと増え続けているようです。

    (引用:“アフリカ版BuzzFeed”、OMG Digitalがシードラウンドで110万ドル調達

    中国アリババの新マーケティングサービス「Uni Marketing」の国内代理店にセプテーニ

    【0726プレスリリース_サムネル用】seplogo(dic186)(300×300)-thumb-300x300-4533.jpg
    株式会社セプテーニは中国の電子商取引最大手である阿里巴巴集団(以下アリババグループ)の新サービス「Uni Marketing」の国内代理店に内定したと発表しました。

    「Uni Marketing」はアリババグループが保有する消費者データを統合し、中国の5億人以上のユーザーのビッグデータを分析、戦略構築、マーケティングを行うことができるサービスです。

    中国進出を狙う日本企業にとっては中国のユーザーに対して、戦略的なアプローチが可能となる本サービスをセプテーニが扱うことで、その提案の幅がさらに広がりそうです。

    (参照:アリババグループが提供する新マーケティングサービス「Uni Marketing」の日本の広告主向けサービス提供エージェンシーに内定~中国市場への参入及びブランド構築を支援~

    名刺管理アプリ「Wantedly People」で広告配信が可能に

    ウォンテッドリー株式会社は同社が提供する名刺管理アプリ「Wantedly People」で記事配信並びに広告配信を可能にしたと発表しました。

    Wantedly Peopleは2016年11月のローンチから8ヶ月あまりで100万人ユーザーを突破。スマートフォンで名刺をスキャンすると約2秒で情報が登録されるシステムが魅力的な新鋭的名刺管理アプリです。

    Wantedly Peopleは「名刺を管理する」だけではなく、名刺を通じてつながった「人脈構築」を重視すべく、人脈上のデータに合致したニュース記事の閲覧などの新機能を追加しました。

    その中でも広告主として目を引くのが「広告配信」機能です。名刺情報を軸にしていることから、広告配信の精度が高いことが予想されます。

    最近ではFacebookのMessengerでも広告の配信がはじまっており、ユーザー同士をつなぐプラットフォーム上も広告配信の対象となりつつあります。

    (引用、参照:名刺管理アプリ「Wantedly People」、広告を作って配信する有償サービス【発表】「Wantedly People」は名刺管理から人脈構築ツールへ。次のコミュニケーションにつながる “話題”を自動収集。

    楽天と電通が新会社を設立

    170726rdm_logo_v.jpg
    楽天株式会社と株式会社電通は新会社である楽天データマーケティング株式会社を設立すると発表しました。

    国内最大規模の会員数を持つ楽天と、マスメディアに強みを持つ電通が手を組むことにより、オンラインショップとマスメディアの高度な組み合わせが可能になるようです。

    プレスリリースによると、楽天市場における企業のタイアップ企画の強化、並びに楽天グループが保持する会員データを軸とするパーソナライズアプローチなどを実現していく模様です。

    (引用、参照:楽天と電通、新会社「楽天データマーケティング株式会社」を設立

    さいごに

    Marketer's STORE編集部ニュースは今回で3回目となりますが、マーケティング関連のトピックを日々拾っていると、「ソーシャルメディア」「データ」「海外」などのジャンルのニュースが目につくようになったなと感じます。

    特にソーシャルメディアは世界中で3人に1人が使っているとご紹介しましたが、ビジネスとしてソーシャルメディアを活用するとなると、まだまだ成果が出ていないという方もいるかもしれません。

    FacebookやTwitterなどはトレンドがどんどん移り変わっている印象ですので、みなさんも日々の情報収集で追いついていきましょう!

    それではまた。

    この記事が気に入ったらシェアをしよう!

    前の記事

    会員登録をして
    無料で情報収集!

    検討フォルダに加え、これまでのダウンロード・お問い合わせ履歴の確認、資料の再ダウンロードも可能です。

    よくDLされている資料

    Marketer's STOREに
    貴社のソリューションを
    掲載しませんか?
    (掲載には一定の審査があります)

    お問い合わせはこちらContact

    人気ソリューション

    ソリューションを検索する

    おすすめソリューション