テーマ・カテゴリーで探す

調査
集客
制作
管理
改善
その他


「課題」で探す場合はこちら

課題から探す

調査・リサーチ関連
その他
顧客管理関連
Webサイト改善関連
Webサイト制作関連
Web集客関連


「テーマ・カテゴリ」で探す場合はこちら
Original

Pardot(パードット)

検討フォルダに追加

Pardotは、セールスフォース・ドットコムが提供する、世界No.1(※)の営業支援システムSales Cloudとシームレスに連携できるマーケティングオートメーションツールです。

見込み顧客を創出・育成するための機能が全て揃った
マーケティングオートメーション

POINT1

セールスフォース・ドットコムのSFAとシームレスに連携可能

POINT2

セールスフォース・ドットコムがこれまで培ってきたノウハウを提供

POINT3

BIツールとの連携可能
あらゆる営業情報を
1画面で可視化

Pardotとは?

効率的に見込み顧客を創出・育成できるマーケティングオートメーション

セールスフォース・ドットコムが提供する「Pardot」は、見込み顧客を創出するための機能が揃ったマーケティングオートメーション(MA)ツールです。

最大の強みは世界No.1(※)の営業支援システムである「Sales Cloud」とシームレスに連携できる点にあります。

MAの目的は「見込み客を育成し、創出すること」ですが、その見込み客は営業活動を通じてどれだけ成約に結びついているのでしょうか。売上を最大化するためのMAを導入するのであれば、CRMやSFAと連携できるMAであることは必須の要件です。

PardotはMAとしての機能が豊富に揃っており、Sales Cloudとも一体化しているので、既にSalesforceを導入済みの企業はもちろん、これからMAに本格的に取り組み、顧客数や売上を効率的に向上させたい企業にも特にオススメです。

見込み顧客の創出・育成から成約までの流れを一元管理

こんな人にオススメ

・見込み顧客の獲得施策チャネル別で分断されていたり、属人化している
・営業とマーケティングが別の仕組みで管理されていて、連携ができていない
・どのようなKPIを見るべきか明確になっていない

見込み客を獲得するために、企業のマーケティング担当者がやるべきことは多岐に渡ります。
リード獲得チャネルの選定からイベント出展、広告の最適化や、リードを育成するためのシナリオ設計までの全てを、限られたリソースで行う必要があり、人力で行うのはかなりの労力を要します。

属人化やチャネル別の分断を排除するためにマーケティングオートメーションツールを導入しても、今度は営業チームで利用しているシステムとの連携がとれないケースもあります。

獲得したリードがどれだけ成約に繋がっているのか、どのような属性のリードが成約しやすいのかなど、売上向上に必要な情報が不明瞭なまま施策を走らせている企業も多いのではないのでしょうか。

どのように解決するのか

セールスフォースならではの網羅性でマーケティングに関わる課題を解決

・見込み顧客獲得から育成に関わる作業を自動化
・SalesforceのSFAとスムーズに連携可能、成約までの流れが可視化
・Salesforce自身が実践してきたマーケティングノウハウを提供

pardot-b2b-marketing-automation.png

セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティングオートメーションツール「Pardot」であれば、SFAとの連携をシームレスに行えるので、見込み客獲得から成約するまでを一連の流れとして捉えやすくなります。

マーケティングオートメーションツール単体としてみても多機能で、見込み客を獲得するためのあらゆる施策(広告配信、メールナーチャリング、LPO、ABテストの実施等)をPardot上で一元管理できます。

リード獲得のために必要なキャンペーン作成

Pardotでは直感的な操作性でリード獲得に必要なランディングページやフォーム作成ができます。さらに検索連動型広告の管理画面と連携することで広告キャンペーンごとの効果を測定することも可能です。

ホットリードを創出するためのナーチャリング

獲得したリードに対して、適切な情報提供を行うことで見込み客の自社商品への購入意欲を高めるナーチャリング施策もPardotであれば簡単に実行できます。またホットリードを担当営業に振り分けたり、スコアリングを設計することで、企業の営業活動に沿ったホットリードを創出し続けることができます。

一人ひとりに合わせたOne to Oneメールマーケティング

リードの属性に合わせて、個別最適化されたOne to Oneメールマーケティングが実現できます。一斉配信メールでは実現できない高い開封率、クリック率を求めるのであれば、一人ひとりのお客様に合わせたコンテンツを配信する必要があります。

またセールスフォース・ドットコム自身がSalesforceをフル活用して営業活動を行っているため、そのノウハウが蓄積されています。Pardot利用企業にはそのマーケティング、セールスに関するノウハウが提供され、定期的に開催されるユーザー交流会を通じてPardotの活用方法を学ぶことができます。

Pardot担当者のメッセージ

Pardot_member
株式会社セールスフォース・ドットコム マーケティング本部 プロダクトマーケティング マネージャー 秋津望歩氏

人的リソースが限られている企業の場合、人を新しく雇うよりもITツールに投資する方が合理的であるケースが多いです。
むしろこれからの時代はITツールを活用して、人がやらなくてもいい部分はどんどんデジタル化しないと生き残っていけないでしょう。
ITツールで武装して時代の変化に対応する力が求められています。

弊社は様々なツールを提供していますが、全て「企業が成長する」ための手段として開発し、日々改善に取り組んでいます。
Salesforceが持つプラットフォームには「Sales force Einstein」というAIが組み込まれており、より効果の高いサービスに成長しています。

今、世の中にはマーケティングオートメーションツールはたくさん出ていますが、企業を成長させるために何が必要かをしっかり考えたうえで導入を決めてほしいですね。

「Market Share Analysis: Customer Relationship Management Software, Worldwide, 2015」より引用

価格・契約期間

価格・契約期間詳細を見る

価格・キャンペーン情報

詳しくはお問い合わせください。

契約期間

詳しくはお問い合わせください。

Marketer's STORE(マーケターズストア)編集部より

マーケティングオートメーションの重要性が叫ばれ始めて数年が経過し、多くの企業が導入するに至っています。
ただ、導入しても結局使いこなせずに解約してしまう企業も多いようです。

使いこなせない理由としては、他システムと連携が取れずに現場が混乱する、そもそもマーケティングのKPIをどう設定すればいいかわからないというものが多いのではないでしょうか。

マーケティングオートメーションを導入するのは、マーケティング活動の作業効率を高めるためであり、最終的には売上を増やすことが目的になるはずです。
ただ、マーケティングオートメーションツールを「導入すること」自体が目的になってしまい、自社のリソースとの兼ね合いを鑑みずに決めてしまうケースが少なくないようです。

マーケティングオートメーションツール単体で売上を増やせるわけではありません。SFAやCRMと連携し、顧客とのコミュニケーションを最適化することで売上も伸びていきます。

PardotはマーケティングオートメーションとSFA、CRMなどのツールを連携して始めてビジネスが最大化されるという思想のもと設計されており、セールスフォース・ドットコムがこれまで培ったノウハウも提供されるので、運用に失敗するということはほぼないでしょう。

マーケティングオートメーションを導入したいけど複雑そうで尻込みしている、既に導入しているけど運用できていないという方は、一度Pardotを検討してみてはいかがでしょうか。

Pardot(パードット)のもっと詳しい情報を入手しよう!検討フォルダに追加

操作画面や使い方、事例や他社比較など、より詳しい情報の取得や無料トライアルの申込(実施企業のみ)ができます。導入にあたっての検討材料にお役立てください。

Pardot(パードット)

企業名

株式会社セールスフォース・ドットコム

資料・レポートを見る

資料・レポート一覧

Thumb

  • Thumb
  • Thumb
  • Thumb

B2B マーケティング完全攻略ガイド

セールスフォース・ドットコムが全世界2,100人以上のマーケターを対象にアンケートを実施した結果、B2Bマーケティングにおける8つの領域のポイントが判明しました。 本資料では81ページにわたって、リードジェネレーションからコンテンツ戦略、マーケティング全体の効果測定の仕方までをチェックシートやワークシートなどを盛り込んで解説します。

Thumb

  • Thumb
  • Thumb
  • Thumb

マーケティングオートメーションとCRM

本資料では、マーケティングオートメーションの基本機能をはじめ、マーケティングと営業のエコシステムがもたらすメリットについてご紹介します。また、導入プロセスについて簡単にまとめ、CRMと連携する強力なツールを立ち上げ、業務に活用していく方法についても解説します。

検討フォルダに追加

検討フォルダに気になるサービスを保存すれば、まとめて資料をダウンロードできます。(マイページからいつでも再ダウンロード可能です。)

こちらもおすすめ!同カテゴリのソリューション一覧

同様の課題解決に、おすすめのソリューション一覧