Large

    シフト管理システムの選び方とは?導入に失敗しないおすすめサービス比較!

    • 曽我 みなみ
    • 2018/07/09

    こんにちは。マケスト編集部です。

    いざ、シフト管理システムを導入しようと思ったとき、どのサービスを選べば間違いないのか選び方に悩みますよね。

    そこで今回は、シフト管理システム選びで失敗しないために把握しておきたい2つのポイントと、おすすめのサービス3つを比較紹介します。

    マケストでは、資料請求やサービスの一括ダウンロードが可能ですので、ぜひ導入時の参考にお役立てください。

    1.自社の業種に合った使い方ができるか

    シフト管理システムを選ぶポイント.jpg

    一般企業の場合

    まずは、自社の業種に合った使い方ができるかが、シフト管理システムの選び方で重要なポイントです。

    就業時間が9時~18時くらいの一般企業の場合は、シフト申請や作成、共有など、基本的な機能が搭載されているシフト管理システムでも充分な効果を得られると思います。

    ですが、従業員数が多い大規模な企業や、事業拡大に向けて従業員を増やそうとしている中小企業は、従業員数に対応できるシフト管理システムを導入する必要があります。

    そのため、魅力的な機能が備わったシフト管理システムでも、対応人数に制限があるかどうかをしっかり確認して比較しましょう。
    従業員数が増えると追加料金が発生するサービスもあるので、注意が必要です。

    医療機関の場合

    病院や訪問介護などの医療機関は常に患者さんの対応を行うため、「休憩をバラバラに取る」「日勤・夜勤に分かれている」といった、複雑なシフト勤務になることがほとんどです。
    また、薬剤師さんをパートで雇っているというケースもあるでしょう。

    このような場合は、複雑なシフトパターンにも対応することができる医療現場専用のシフト管理システムの導入が最適です。

    また、シフトの自動作成や自動集計が可能なものにすれば、より管理者の負担を軽減することができます。

    教育機関の場合

    学習塾などの教育機関は、生徒の学年やその時間に授業を行う科目に合わせて、適切な教師を配置します。

    ですが、シフト管理が上手くできていないと、指導スケジュールに支障をきたすだけでなく、講師が休憩なしに働き続けるといった就労状況の悪化にもつながりかねません。

    このような場合は、生徒の座席管理を統合できるシフト管理システムを導入することで、より正確なシフト管理が可能になるでしょう。

    また、講師の希望シフトを元に担当授業の確定や調整を行うことで、無理のない人員配置が実現できます。

    飲食・小売チェーン店の場合

    飲食・小売チェーン点の場合は、他店舗との連携がしっかりとれるシフト管理システムを導入すると良いでしょう。

    ランチタイムなどの1番忙しい時間帯に急な欠員が出た場合は、速やかな増員が必要です。

    対応できそうな従業員に電話やメールで確認するという方法で対処している店舗が多いですが、これでは大幅なタイムロスになってしまいます。

    多拠点対応のシフト管理システムなら、どの店舗でどのくらいの従業員がいるのかを一目で把握することができるので、素早い依頼と人員の確保が可能です。

    製造工場の場合

    大手企業の製造工場の場合は、数百人、数千人単位で従業員が働いているので、紙ベースでシフト管理をしていたら、管理者である社員の負担も計り知れません。

    このような場合は、スマートフォンのアプリと連携可能なシフト管理システムを導入することで、希望シフトの提出からシフト作成、管理までを手軽に行うことができるようになります。

    一斉通知やアラート機能が搭載されているシフト管理システムなら、作成したシフトの共有や希望シフト未提出者への連絡も簡単です。

    2.自社の勤務形態に合った使い方ができるか

    正社員のみが所属している場合

    シフト管理システムを選ぶ際、次に気をつけたいのが、自社の勤怠形態に合った使い方ができるかどうかです。

    正社員のみが所属している企業の場合は、社員の希望シフトと労働基準法の勤務時間を元にシフトを作成するので、そこまで難しく考える必要はないでしょう。

    公休も比較的会社の都合に合わせて作成できますが、「同じ正社員なのに希望が反映されていない…」なんてことにならないよう、社員間で偏りなくシフトを組むことが重要です。

    パート・アルバイトも所属している場合

    正社員だけでなく、パートやアルバイトが所属している場合は、シフト管理が少し複雑になります。

    直感的かつわかりやすいシフト管理システムを導入することで、シフト作成が容易になり、スムーズなシフト管理が実現できます。

    各従業員の勤務形態をあらかじめ設定できるサービスなら、シフト作成時にデータを読み込むだけになるので、ミスを大幅に減らすことができるでしょう。

    派遣・業務委託スタッフも所属している場合

    正社員、パート・アルバイトに加えて、派遣社員や業務委託のスタッフが所属している場合は、さらに慎重なシフト管理が必要です。

    複数の勤務形態を管理するという大変さもありますが、他社との契約が関わってくるので、ミスがあると信頼関係に響いてしまいます。

    また、契約先や派遣・業務委託スタッフの希望により、働く時間などの変更が発生する可能性も考えられるので、設定の変更が柔軟にできるシフト管理システムを選ぶと良いでしょう。

    おすすめのシフト管理システム

    jinjer勤怠

    おすすめのシフト管理システム_jinjer勤怠
    jinjer勤怠は、シフト管理機能が搭載された勤怠管理システムです。

    操作のしやすさにこだわった管理画面によって、誰でも簡単にシフトを作成できます。

    従業員からの希望シフト集めは、1クリックするだけ。
    休暇申請や承認もスムーズにでき、手間のかかるシフト管理を大幅に効率化できます。

    >>jinjer勤怠のサービス詳細はこちら

    シフト管理システム早分かり表

    シフト管理システム名 jinjer勤怠
    対応デバイス PC/タブレット、スマートフォン、ICカード、GPS
    初期費用 0円
    月額費用 300円~/ユーザー
    無料プラン
    無料お試し
    人数制限 要問い合わせ
    複数店舗管理 要問い合わせ
    連携(勤怠データ) -
    連携(給与計算)
    サポート体制 要問い合わせ

    シフト管理システムの導入前に、一括資料請求で比較検討を!

    いかがでしたか?

    それぞれの業種ごとや勤務形態に最適なシフト管理システムを導入することで、これまで時間やコストがかかってしたシフト管理業務を円滑に進めることができます。

    「シフト管理をもっと簡単にしたい!」とお考えの方は、今回ご紹介したポイントを参考にして、サービスを選びましょう。

    マケストでは、シフト管理システムの詳しい情報が記載された資料をダウンロードすることができますので、こちらもぜひご活用ください。


    マケストおすすめ!
    シフト管理システムの資料をまとめてダウンロード!

    関連記事

    この記事が気に入ったらシェアをしよう!