Large

    企業間請求代行サービス「MF KESSAI」のサービス内容や特徴、導入によるメリットを解説!

    • 山本 脩太郎
    • 2019/02/25

    企業間の取引では掛け払いが一般的になっているため、多くの場合、商品やサービスの提供後に料金が支払われる形になっています。その料金の請求の際には、請求書の発行や督促など様々な煩雑な業務が生じてしまいます。請求代行サービスを利用すれば、そのような業務を任せて、必要な業務に専念することが可能となります。

    今回はその請求代行サービスの1つである「MF KESSAI」のサービス内容や特徴、導入によるメリットを解説します。

    >>特典つき!注目の請求代行サービスを1分で簡単比較

    目次

    1. MF KESSAIとは
    2. MF KESSAIのサービス内容
      1. MF KESSAI利用時の取引の流れ
    3. MF KESSAIの料金
    4. MF KESSAIの特徴
      1. 請求業務を一括で代行
      2. スピーディーな与信審査
      3. 安心の全額保証
      4. 柔軟な振込タイミング
      5. 外部サービスとの連携
    5. MF KESSAIを導入している企業
    6. MF KESSAIの口コミ
    7. 請求業務を代行サービスにまかせて業務効率化

    MF KESSAIとは

    MF KESSAIサービスサイト

    MF KESSAIは、株式会社マネーフォワードの100%子会社であるMF KESSAI株式会社が提供している、クラウド型の企業間請求代行サービスです。企業間での掛売りの際に生じる様々な業務を代行し、利用企業の業務を効率化します。

    MF KESSAI(エムエフケッサイ)の情報なら | 料金・資料請求・サービス比較【マケスト】

    MF KESSAIのサービス内容

    MF KESSAIは企業間での掛売りの際に生じる、以下のような請求業務を代行します。

    • 与信審査
    • 請求書送付
    • 代金回収
    • 入金確認
    • 督促

    これらの業務を代行することで、利用企業は請求情報の入力をするだけで、売掛金の回収までを任せられます。

    クラウド型のサービスであるため、導入に際してシステムの開発をする必要はなく、取引先にも手続きをしてもらう必要はありません。また1万円未満の少額の取引や、取引先が個人事業主であっても利用できます。

    この請求業務の代行サービスは、買い手からの商品・サービスの受注と同時に発生する売り手から買い手に対する債権を、MF KESSAIに譲渡することで、MF KESSAIが売り手に代わって請求業務を代行する仕組みになっています。

    MF KESSAI利用時の取引の流れ

    MF KESSAIを利用した場合は、まずMF KESSAIへ請求依頼をします。管理画面からの登録や、CSVでの一括登録、API連携を利用してスムーズに請求依頼が可能です。

    請求依頼が完了すると、その情報をもとにマネーフォワードが蓄積したデータやWebスクレイピングの技術を用いて、自動で与信審査を行います。与信審査にかかる時間は最短で数秒という速さです。事前審査にも対応しており、営業予定先への掛売りが可能であるかどうかを事前に判断することも可能です。

    与信審査が済むと、MF KESSAIから請求書が発行され、取引先へ送付されます。自社の名前が明記された請求書であるため、取引先も安心して利用できるでしょう。郵送だけでなく、メールでのpdf添付にも対応しています。

    請求書が送付されると、取引先の支払期日から3営業日後にMF KESSAIから一括で入金されます。

    MF KESSAIの料金

    MF KESSAIの料金は以下のようになっています。

    • 初期費用:0円
    • 月額費用:0円
    • サービス利用料:取引金額の1.5%〜3.5%で個別に提案

    初期費用・月額費用が必要ないため、導入しやすいサービスであると言えます。

    MF KESSAIの特徴

    請求業務を一括で代行

    MF KESSAIは、与信審査から請求書の送付、代金の回収、入金確認、督促までの、手間のかかる請求業務を一括して代行しています。MF KESSAIを利用することで、請求データを入力するだけで、掛売りの代金が入金されるため、請求業務に多くの時間や人を費やしてしまっている場合には、それらの時間やお金のコストを削減でき、本業に割くべき時間やお金を創出できます。

    スピーディーな与信審査

    MF KESSAIの与信審査は最短数秒で終わるスピーディーな審査です。審査の通過率も98%と高水準です。与信審査に時間がかかってしまうと、その間取引を進めることはできず、クライアントを待たせてしまうことになります。また審査通過率が低ければ、取引自体ができなくなってしまうこともあります。MF KESSAIではクライアントを待たせることなく、スムーズな取引ができるとともに、取引機会を逃してしまうこともほとんどありません。

    安心の全額保証

    掛売りの一番のリスクは、取引先が入金しないことです。その場合には、売掛金が回収できないだけでなく、精神的負担の大きな回収業務を行わなければなりません。MF KESSAIは未入金が発生した際も、MF KESSAIが期日に全額を保証して入金するため、安心して掛売りを開始でき、回収業務の不安も解消できます。

    柔軟な振込タイミング

    MF KESSAIでは、月初2営業日までに依頼した請求を同月に実施し、翌月の3営業日目に利用企業に入金されます。この日程は柔軟に設定することができるため、資金繰りなどに柔軟に対応できます。また手続き後、最短5営業日後に売掛金が支払われる「早期振込サービス」も提供しているため、より柔軟な売上管理が可能です。

    外部サービスとの連携

    MF KESSAIの請求データは、CSVや手入力で外部サービスとの連携が可能です。またAPIでの連携にも対応しており、それを利用すれば入力業務のほとんが自動化され、より請求業務を簡略化し、業務を効率化できます。

    MF KESSAIを導入している企業

    以下はMF KESSAIを導入している企業の一部です。

    • 株式会社ビズアシ
    • BIJIN&Co.株式会社
    • 株式会社久松農園
    • 株式会社favy
    • 株式会社ニューエッジ
    • 株式会社Holmes

    業種や企業規模に関わらず、様々な企業で導入されていることがわかります。

    参考:
    導入事例|新企業間決済「MF KESSAI」

    MF KESSAIの口コミ

    実際にMF KESSAIを利用しているユーザーは以下のような点を評価しています。

    与信審査がスピーディーなため、取引がスムーズになった
    利用料が安価である
    督促や請求業務が減り、本来時間を割くべき業務ができるようになった
    新規の取引先でもリスクなく掛売りできるようになった
    後払いに対応できることで、取引機会を逃すことがなくなった
    精神的に負担のかかる督促業務をする必要がなくなった

    業務負荷を減らせるとともに、売掛金の未回収リスクを回避できる点が評価されているようです。

    参考:
    導入事例|新企業間決済「MF KESSAI」

    請求業務を代行サービスにまかせて業務効率化

    請求代行サービスを利用することで、本来時間を割くべき業務に充てる時間を確保でき、未回収のリスクの回避や、取引機会の増加も見込まれます。請求業務の負担を感じているのであれば、MF KESSAIの導入を検討してみても良いかもしれません。

    >>MF KESSAIのサービス詳細はこちら

    関連記事

    この記事が気に入ったらシェアをしよう!