Large

    カスタマイズ可能な勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」の機能や特徴、導入事例を徹底解説

    • 山本 脩太郎
    • 2019/02/28

    勤怠管理システムの導入にあたり、問題となるのがサービスの柔軟性です。独自の人事制度や社内規則がある企業では、自社の要件に合うサービスでなければ利用できません。「バイバイ タイムカード」はそのような企業でも対応できる、柔軟なカスタマイズ性を持った勤怠管理システムです。

    そこで今回はこの「バイバイ タイムカード」の機能や特徴、導入事例について解説します。

    >>勤怠管理系のサービス比較はこちらから

    目次

    1. バイバイ タイムカードとは
    2. バイバイ タイムカードの機能と特徴
      1. 多様な打刻方法
      2. 柔軟なカスタマイズ性
      3. 充実の機能
      4. 素早いレスポンス
      5. 充実のサポート
      6. 豊富な実績
    3. バイバイ タイムカードの料金
    4. 他社の勤怠管理システムと比較して
    5. バイバイ タイムカードの導入事例
    6. どのような企業に向いているのか
    7. バイバイ タイムカードの口コミ
    8. 豊富な実績と柔軟なカスタマイズのできる勤怠管理システムで勤怠管理業務を効率化

    バイバイ タイムカードとは

    バイバイタイムカード.png

    「バイバイ タイムカード」は株式会社ネオレックスが提供するクラウド型勤怠管理システムです。タイムカードやタイムレコーダーを利用して行われている出退勤時刻の記録と、その情報の集計を自動化することで、勤怠管理にかかる時間と手間を削減できます。これまでに約110社、20万人が利用しているサービスで、ミック経済研究所の調べでは、従業員が1,000人以上の企業でのシェア1位を獲得しています。

    バイバイ タイムカードの情報なら | 料金・資料請求・サービス比較【マケスト】

    バイバイ タイムカードの機能と特徴

    以下はバイバイ タイムカードの機能と特徴です。

    多様な打刻方法

    バイバイ タイムカードは、様々な打刻方法に対応しています。以下はその一例です。

    • iPadやiPhoneでQRコードを読み取る
    • スマートフォンで位置情報と共に打刻
    • PCからの打刻
    • ICカードを利用した打刻
    • 指静脈認証を利用した打刻

    バイバイ タイムカードは、QRコードやバーコードを用いて、スマートフォンアプリやパソコンからの打刻ができます。GPSを利用して位置情報も記録できるため、不正打刻の防止に繋がります。その他にもFeliCaやMifare規格のICカードを利用する方法や、指静脈認証を利用する方法、さらにはアルコール検知器との連携など、対応する打刻の方法は様々です。

    そのため、自社の要望に合わせて適切な打刻方法を選択できます。また、これらを組み合わせての打刻も可能であるため、自社にぴったりな打刻方法が見つかるでしょう。

    柔軟なカスタマイズ性

    バイバイ タイムカードはカスタマイズが発生することを想定して開発されたサービスであるため、要望に応じた柔軟なカスタマイズが可能です。以下はその一例です。

    • 人件費予算確認などのシフト登録の補助機能
    • 時間外労働の代替休暇取得
    • 4週4休(労働基準法第35条2項)のチェック
    • 社会保険や36協定などの労務管理を補助するチェック・警告
    • 振替休日精算

    これ以外にも、特殊な表・グラフでの表示や指定帳票の出力、勤怠以外の用途での利用など様々な要望にも対応しています。

    充実の機能

    バイバイ タイムカードでは、基本機能に加えて様々な機能を備えています。以下はその一例です。

    • まるめ集計パターン
    • 給与計算向けデータの出力
    • 日次データのダウンロード
    • 勤務中従業員一覧
    • 勤務実績承認
    • 個人別有給等実績明細
    • 生産性管理
    • 英語モード

    これ以外にも企業の要望に応じて柔軟な機能改善を行っているため、複雑な勤怠管理規定をもつ企業でも利用できるでしょう。

    素早いレスポンス

    勤怠管理システムは、締め日の前後でアクセス集中が起こりやすいものです。バイバイ タイムカードは「オンメモリデータベース」と呼ばれる技術と利用し、データベースのいち部を自社開発することで大幅な動作速度工場を実現しました、平均レスポンスタイムは0.02秒と素早い反応速度のため、サービスを快適に利用できるだけでなく、日々の業務効率の向上にもつながります。

    充実のサポート

    バイバイ タイムカードは、導入前に集計ルールなどのヒアリングを専門スタッフが行っています。その情報をもとに設定を行うとともに、現場への落とし込みなど、これまでの経験を素にきめ細やなアドバイスで、システムの安定稼働までをサポートしています。

    豊富な実績

    バイバイ タイムカードは2003年のサービス開始から現在(2019年2月時点)に到るまで打刻データのロス(消滅等の障害)が一度もありません。約110社、20万人に利用されており、西武グループやイケア・ジャパンなどの大手企業でも利用され、従業員規模が1,000人以上の企業ではシェアNo.1と確かな実績と経験をもっています。

    バイバイ タイムカードの料金

    バイバイ タイムカード料金は都度見積もりです。一律の料金設定はありません。

    以下は見積もりの一例です。

    ホテル・旅館業の見積り例

    • 利用人数:1,400人
    • 初期費用:4,500,000円
    • 月額費用:374,000円
    • 1人あたりの月額費用:267円

    運輸・倉庫業の見積り例

    • 利用人数:2,400人
    • 初期費用:7,554,000円
    • 月額費用:565,000円
    • 1人あたりの月額費用:235円

    アパレル業の見積り例

    • 利用人数:4,000人
    • 初期費用:24,000,000円
    • 月額費用:1,118,000円
    • 1人あたりの月額費用:279円

    スーパーマーケットの見積り例

    • 利用人数:7,200人
    • 初期費用:9,800,000円
    • 月額費用:1,568,000円
    • 1人あたりの月額費用:217円

    一見すると高額な料金ですが、従業員1人あたりの月額費用は他社の勤怠管理システムと比較しても、それほど高額な価格ではありません。

    参考:
    お見積り例 | 勤怠管理のバイバイ タイムカード

    他社の勤怠管理システムと比較して

    他社の提供する勤怠管理システムと比較した際のバイバイ タイムカードの特徴は、打刻方法の多彩さと、柔軟なカスタマイズ性でしょう。

    多くの勤怠管理システムが、パソコンやスマートフォン・タブレットからの打刻やICカードを利用した打刻に対応していますが、バイバイ タイムカードはそれらに加えて、指静脈認証を利用した打刻やパソコンのログインと連携して自動で打刻される方法、運輸業などで利用されるアルコール測定器と連動した打刻など、様々な打刻方法に対応しているため、自社に合った打刻方法が見つかることでしょう。

    また勤怠データの集計なども柔軟にカスタマイズ可能なため、従業員種別や休暇種別が多岐にわたる複雑な規定や制度がある企業であっても対応できます。

    バイバイ タイムカードの導入事例

    バイバイ タイムカードは従業員規模1,000名以上の企業を中心に100社以上で導入されています。以下はその導入企業の一例です。

    • イケア・ジャパン株式会社
    • 株式会社西武ホールディングス
    • 株式会社キャメル珈琲
    • 日本郵政 株式会社
    • メルパルク 株式会社
    • 近江タクシー株式会社
    • アディダスジャパン株式会社
    • 株式会社西武ライオンズ
    • アシックスジャパン株式会社
    • 株式会社クリアックス
    • 株式会社スチール

    従業員規模の大きな企業を中心に様々な業種・業界で利用されていることが分かります。

    参考:
    導入事例 | 勤怠管理のバイバイ タイムカード

    どのような企業に向いているのか

    バイバイ タイムカードは多くの企業で導入されていますが、特に以下のような特徴をもつ企業はバイバイ タイムカードの導入に向いているでしょう。

    • 従業員規模が大きい
    • システムを一元管理したい
    • 就業規則・シフト体系が複雑

    バイバイ タイムカードは従業員規模が1,000人を超す企業でのシェアNo.1という実績からもわかるように、大手企業での導入実績が豊富です。多くの店舗や事業所を持つ企業であっても1サーバーでクラウドを活用してシステムを利用できるため、各サーバーの保守などの必要がなく、いつでもどこからでもリアルタイムのデータを確認できます。打刻機器は人数に関係なく利用料が一律であるため、従業員の多い企業は割安で利用ができます。

    また、バイバイ タイムカードはカスタマイズを前提に開発されたシステムであるため、独自の就業規則や休暇制度などをもつ企業であっても、柔軟に対応が可能です。導入前には専門の営業担当ヒアリングを行い、ニーズや規定をもとにシステムの設定を行います。導入後にも豊富なサポートを行っています。そのため、ホテル・旅館業や運輸・倉庫業、流通・サービス業などのような、従業員数や店舗、事業所数が大きく、就業規則が複雑な業界や業種であっても導入が可能です。

    バイバイ タイムカードの口コミ

    以下はバイバイ タイムカードを利用している企業の口コミです。

    イケア・ジャパン株式会社
    イケア・ジャパン株式会社はバイバイ タイムカードの以下の点を評価しています。

    • 英語に対応しているため、外国人マネージャーでもスムーズに利用可能
    • イケア独自の休暇制度に対応できた
    • トラブルでシステムが停止することがない
    • ICカードをかざすだけで打刻・ログインができるため、コンピューターに不慣れなスタッフでもストレス無く利用できる
    • 就業規則の見直しの際にも対応できる
    • 複数部門にまたがってのシフト作成が可能
    • 本社への報告時にすぐにデータが集計できる

    株式会社西武ホールディングス
    株式会社西武ホールディングスはバイバイ タイムカードの以下の点を評価しています。

    • グループ全体で利用しているERP(統合基幹業務システム)との連携が可能
    • 3万人以上の従業員が利用する大規模な企業でも1つのサーバーで利用可能
    • 集計ルールの異なる様々な従業員種別にも対応可能

    株式会社キャメル珈琲
    株式会社キャメル珈琲はバイバイ タイムカードの以下の点を評価しています。

    • これまで紙で行っていた勤怠管理業務を電子化できた
    • 店舗に新たに導入したiPadから打刻が可能
    • 約300店舗への導入を3ヶ月というスピードで完了できた

    参考:
    [導入事例 | 勤怠管理のバイバイ タイムカード ])https://www.byebye-timecard.net/introduction_results/)

    豊富な実績と柔軟なカスタマイズのできる勤怠管理システムで勤怠管理業務を効率化

    バイバイ タイムカードは大手企業を中心に、幅広い業種・業界で利用されています。その理由は従業員規模の大きな企業でもスムーズに勤怠管理業務をシステム化できる、システムの性能と実績でしょう。また、従来のシステムでは対応できなかったような複雑な規定を設けている企業であっても対応できる、柔軟なカスタマイズ性も大きな特徴です。就業規則や休暇制度などが複雑であるためがために、勤怠管理システムの導入を諦めていた企業は、検討してみると良いでしょう。

    >>バイバイタイムカードの情報はこちら

    関連記事

    この記事が気に入ったらシェアをしよう!