Large

    請求書発行のやり方って?作成から発行までの流れをご紹介!

    • 曽我 みなみ
    • 2018/09/03

    こんにちは。マケスト編集部です。

    主に経理事務の担当者などが対応する請求業務ですが、「請求書のやり方ってどうすれば良いの?」「請求書発行までの流れは?」など疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

    今回は、請求書の必要性や請求書発行のやり方や流れなどについてご紹介します。

    請求業務について、いまいち理解できていないという方は、ぜひ最後までご覧ください。

    そもそも請求業務とは

    そもそも請求業務とは

    請求業務とは、商品やサービスを販売し購入された側が、商品を購入した側に料金の支払いを求める請求書を作成・発行する業務のことです。

    企業同士の取引では一般的に行われています。

    請求書は、ただ金額を書くだけではなく、正確な支払い期日や支払方法などを記載するというやり方で発行しなければいけません。

    企業ごとに記載事項などのやり方が異なるため、情報を正確に伝える必要があります。

    請求書の必要性

    請求書は、「誰が何をどのくらい買ったか」という取引内容の証明書でもあります。

    請求書を発行しいやり方でも取引は行えますが、税務調査では取引内容の証明が必須です。

    請求書がない場合は、会計処理の証明ができないので、課税の対象となってしまうことも。

    また、どんな商品・サービスを購入したのか、購入されたのかを確認する場合にも請求書は必要です。

    特別な理由がない限りは、請求書を作成・発行し正しいやり方で手続きを行いましょう。

    請求発行のタイミング

    締め請求

    締め請求は、一定期間(1ヵ月程度)の取引金額を集計して、合計金額をまとめて請求する一般的な請求のやり方です。

    請求締日を取引先と決めておく必要がありますが、毎月取引のある企業や信用性の高い取引先の場合は、締め請求がおすすめ。

    一般的には、毎月20日締めや月末締めとしている企業が多いですが、請求締日を不定期に設定するやり方で行う企業もあります。

    都度請求

    都度請求は、商品やサービスが購入されるたびに請求書を発行する請求のやり方です。

    締め請求は、請求締日まで待たなければ請求金額を確定することができませんが、都度請求の場合は売上伝票を登録した時点で請求金額が確定できます。

    初めて取引を行う企業や継続的な取引がない場合は、都度請求の方が良いでしょう。

    請求書発行のやり方・流れ

    【請求書発行のやり方・流れその1】請求金額の集計

    請求書を発行するためには、まず請求金額の集計を行わなければなりません。

    締め請求の場合は、請求締日に金額を集計し、締め切り処理を行うという流れで請求金額を確定します。

    金額が大きくても小さくても、計算ミスがないかしっかり確認しましょう。

    請求金額の集計が終わったら、次は請求書の作成・発行です。

    【請求書発行のやり方・流れその2】請求書を作成・発行する

    請求書を作成する際は、

    • ・請求書作成者の氏名または名称
    • ・取引内容(商品・サービス名や数量など)
    • ・取引金額
    • ・取引年月日
    • ・請求沙希の事業者の氏名または名称

    上記の5項目を記入する必要があります。

    請求先の事業者名を記載する際は、「御中」や「様」を書き忘れないよう注意しましょう。

    また、取引金額は税込み表記が望ましいです。

    請求金額の振込先や振込手数料、支払期限なども一緒に記入しておくと、スムーズな取引が実現できます。

    締め請求・都度請求のどちらの方法にも言えることですが、締日を過ぎたらできるだけ早く請求書を発行するようにしましょう。

    以上、請求書発行のやり方や発行までの流れなどについてお届けしました!

    請求書の必要性や請求書発行のやり方・流れについて、少しでも理解が深まっていれば幸いです。

    次回は、請求書発行ツールを導入するメリットや事例などをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

    請求書発行ツールは一括資料請求で比較してみてください!

    いかがでしたか?

    請求書発行について、やり方や流れなどについて理解が深まれば深まるほど、どんなツールがあるのか気になりますよね。

    請求書発行ツールの比較がしてみたいという方は、下記から一括資料請求をしてみてはいかがでしょうか?


    マケストおすすめ!
    請求書発行サービスの資料をまとめてダウンロード!

    関連記事

    この記事が気に入ったらシェアをしよう!