テーマ・カテゴリーで探す

調査
集客
制作
管理
改善
その他


「課題」で探す場合はこちら

課題から探す

調査・リサーチ関連
その他
顧客管理関連
Webサイト改善関連
Webサイト制作関連
Web集客関連


「テーマ・カテゴリ」で探す場合はこちら
Original

「App Ape」は、自社・競合のアプリを分析できるツールです。ユーザーの年齢や性別などのデモグラフィックデータから、一人一人の詳細な行動データまで追うことができます。 現在アプリパブリッシャーをはじめ様々な業種の企業に導入されており、利用企業数は3,000社を超えています。(2017年6月現在)

アプリ市場データの国内No.1
オールインワン分析サービス

POINT1

アプリユーザーの
デモグラデータが
分析できる

POINT2

曜日別、時間帯別など
ユーザーの詳細な行動
データも分析可能

POINT3

週1.75回の
ペースで行われる
アップデート

App Apeとは?

アプリの効果を定量的に追求したい事業者に

スマートフォンが普及し、ユーザーが利用するデバイスもスマートフォン中心になった今、ホームページのスマホ対応は必須です。
さらにその先に「アプリ進出」を考えている企業も多いのではないでしょうか。

ユーザーとのつながりを強めるためには、今のユーザーが慣れ親しんでいるプラットフォームをおさえておくのが合理的です。

しかし、アプリにはGoogleアナリティクスのようなツールが少ないため、ホームページのような詳細なアクセス解析が難しいのです。
多くの企業が、アプリを作ったものの、どれほどの効果が出ているのかが把握できないという状態に陥りがちです。

また競合他社のアプリはどれくらいのユーザーがいて、どの程度利用されているのかなども見当をつけることができず、開発時、運用時の目標数値設定が難しいケースも多く見受けられます。

そんな問題を解決するのが、アプリ分析ツール「App Ape」です。
「App Ape」は、デモグラフィックデータからユーザー行動データまで分析可能です。
アプリがダウンロードされた後、どのようなユーザーにどれだけ利用されているのかが把握できます。

App Ape紹介動画

アプリを作って終わりになっていませんか?

こんな人にオススメ

・どのようなユーザーがアプリを利用しているのかが知りたい
・アプリの効果を改善したいけど、分析対象になるデータがない
・自社データだけ見ていても、比較対象がないので良し悪しが判断できない

ビジネスを成功させるうえで最も重要なのは「ユーザーを理解すること」です。
アプリをリリースしたら、まずはどのようなユーザーが利用しているのかをデータから導きだす必要があります。

アプリ広告やユーザーへのアプローチ方法を考える際にも、ユーザーデータがなければ次に繋がる施策を生み出すことができません。

他社のアプリの利用状況もわからないと、自社アプリのパフォーマンスが良いか悪いかの判断もつかないでしょう。

ユーザー・競合・自社の分析を行えないままアプリビジネスを推進するのはリスクでしかありません。
やみくもに進めるのではなく、アプリに関するあらゆるデータを取得できる「App Ape」を利用するのが良いでしょう。

どのように解決するのか

アプリの成果を見える化してビジネスに繋げる

・ユーザーの年齢、性別、曜日別、時間帯別の行動や課金率を確認できる
・休眠ユーザーやアプリをアンインストールしたユーザーのデータも取得可能
・競合他社のアプリも自社アプリと同じように分析可能

「App Ape」であれば、ユーザーのデモグラフィックデータから詳細な行動データまで網羅的に取得できます。
年齢、性別などデモグラデータと、曜日別、時間帯別など細かな行動データを追っていくと、ユーザー像が明確になります。

休眠ユーザーやアンインストールしたユーザーも把握できるので、なぜそれらのユーザーが休眠しているのかを分析すれば有効な改善策のヒントを得られるでしょう。

また、「App Ape」の場合他社アプリであっても同じように詳細なデータを取得できるのが大きな特徴です。
競合他社のアプリデータと自社を比較することで、市場における自社アプリの立ち位置を把握できます。

App Ape担当者のメッセージ 

LS_member
フラー株式会社 事業戦略室 マネージャー 荒川 善大氏

「App Ape」は、会社としてアプリを伸ばしていきたい、ビジネスにアプリを役立てたいと考えている企業の課題解決のために提供しています。

これからアプリをやろうとしている企業には、博打を打ってほしくないんですよね。
アプリは当たり外れが大きい業界に見えるかもしれませんが、データを活用すれば堅実に売り上げを増やしていくことができるんです。

アプリビジネスには、大きく分けると「1.市場調査」「2.戦略立案」「3.ユーザー獲得」「4.維持」「5.マネタイズ」の5つのサイクルがあります。
「App Ape」で取得できるデータは全てのフェーズに役立ちます。
経営企画からマーケター、営業マンまであらゆる職種に対して有効なデータを提供できるので、単純なアプリ分析ツールというより「アプリでビジネスを最大化させるためのツール」と言えるでしょう。

「App Ape」の導入企業全てに成功していただきたいので、日々改良を重ねています。

Marketer's STORE(マーケターズストア)編集部より

スマホアプリといえば、ゲームアプリやメッセンジャーアプリ、ニュースアプリを思い浮かべる方が多いかもしれません。
確かにそれらのアプリはよく利用されていますが、だからといってそれらの事業に関係ない企業はアプリに踏み込む必要がないというわけではありません。

近年はマクドナルドアプリやMUJI PASSPORTなど、リアルビジネスと掛け合わせたアプリ(O2O)が台頭し、利用率が高まっています。

実店舗を持っている企業の場合、アプリ上でユーザーに興味喚起し、店舗へ誘導するという流れを作ることができます。

このように、アプリ企業以外も徐々にアプリ市場に参入しはじめています。
今はアプリを利用するかどうかではなく、アプリをどうビジネスに活かしていくかという思考が求められています。

アプリをビジネスに活かすのであれば、施策のヒントとなるユーザーデータをどれだけ収集できるかがカギになります。

「App Ape」は自社で独自にユーザーデータを取得しており、ユーザー行動を細かく分析できます。

競合調査も行えるツールは他にはなく、3C分析の助けになるでしょう。
自社の既存事業をアプリでより成長させたいと考えている方は、ぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。

App Apeのもっと詳しい情報を入手しよう!検討フォルダに追加

操作画面や使い方、事例や他社比較など、より詳しい情報の取得や無料トライアルの申込(実施企業のみ)ができます。導入にあたっての検討材料にお役立てください。

こちらもおすすめ!同カテゴリのソリューション一覧

同様の課題解決に、おすすめのソリューション一覧