カテゴリーから探す

課題から探す

Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト)

「Crimson Hexagon ForSight Platform(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト・プラットフォーム)」は、1兆以上の投稿データを持ち、世界中のメディアを多言語分析できる「ソーシャルリスニングプラットフォーム」です。
Normal

カテゴリー

  • リサーチ・市場調査
  • クチコミ分析・ソーシャルリスニング
  • SNSマーケティング

  • 利用料金

    詳細を見る

    詳細はお問い合わせください

    • 無料プラン
    • なし
    • 無料トライアル
    • なし
  • こちらのサービスは現在、資料を取り寄せることができません。

    同じカテゴリのサービス
    ThumbThumbThumb

    Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト) とは?

    ユーザーの生の声をリアルタイムで収集するソーシャルリスニングプラットフォーム

    「Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト)」は、ソーシャルメディアを多言語で分析できる「ソーシャルリスニングプラットフォーム」です。
    「ソーシャルリスニング」とは、TwitterやFacebookなどのSNS上に流れる自社ユーザーの声を収集・分析し、マーケティングに落とし込む施策を指します。

    「Crimson Hexagon ForSight」はSNSだけでなく、ブログやニュースサイトなど幅広いメディアの投稿分析が可能です。
    特に、Twitter社とはFirehose契約をしているため、2010年7月以降の全データを対象とした分析ができます。
    多言語対応も可能で、英語・日本語をはじめとした16ヶ国の言語データを収集、分析できます。


    特集ページでもっと詳しく知る

    Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト) の機能・特徴

    • Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト)_ユーザー属性の取得
      ルーペ
      ポジティブ・ネガティブ分析に加え、詳細なユーザー属性を取得できます。
    • Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト)_ポジティブ/ネガティブの可視化
      ルーペ
      ポジティブ・ネガティブ分析をユーザーが独自に設定した軸で分析できます。
    • Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト)_頻出単語の可視化
      ルーペ
      キーワードに対してどんな単語が頻出しているかを取得できます。

    Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト) の導入実績・事例

    このサービスを使っている会社

  • 株式会社朝日新聞社
  • キッコーマン株式会社
  • ビーコンコミュニケーションズ株式会社
  • Crimson Hexagon ForSight(クリムゾンヘキサゴン・フォーサイト) の料金・プラン

    詳しくはお問い合わせください。

    サービスの特徴

    無料プランなし
    無料トライアルなし
    推奨人数制限なし
    日本語対応あり
    モバイル対応-

    担当者の声

    Normal

    ビジネスに活用できるソーシャルリスニングを普及させたい

    SNSは、未だにマーケティングの素材、つまりユーザーの声として活用することが一般的とはいえません。「偏った意見」というイメージが強いですよね。
    でも、今は流通しているデータ量が多く、毎日数億件のデータが流れています。これは、企業として分析する価値が大いにあります。

    ぜひ、「Crimson Hexagon ForSight」をSNS上の定量的なデータを分析、保管できる場として、ビジネスに活用してほしいです。
    企業とSNSとの接し方は、今後少しずつ変わるでしょう。ずっと消費者側でいるなら投稿しているだけで十分ですが、ビジネスに活用するならSNSを分析する対象としてみてほしいです。

    自然とそのような視点を持てるように、まずはソーシャルリスニングを普及させたいです。

    マケスト編集部のおすすめポイント

    「ソーシャルリスニング」というキーワードに対して、あまり馴染みがないと感じる方は多いでしょう。
    「エゴサーチ」と何が違うのかわからない方もいるかもしれません。

    「エゴサーチ」はWeb上に流れている自社(もしくは自分自身に関連する)情報を検索することで、「ソーシャルリスニング」はWeb上に流れている自社情報を検索してマーケティング施策に活かすところまでを指します。

    今、SNSには多くのユーザーが存在しており、プラットフォームとして無視できません。
    これほど多くのデータが集積しているのですから、活用しない手はないでしょう。

    企業情報

    企業名株式会社ブレインパッド
    代表者名佐藤 清之輔
    資本金332,000,000円
    所在地東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル

    このサービスの資料をダウンロードした人が見ているサービス

    同様の課題解決におすすめのサービス