カテゴリーから探す

課題から探す

Original

動画制作・映像制作サービス『MoviePrint』

MoviePrintは、発注者と動画制作会社を繋ぐ、動画制作マッチングサービスです。動画制作会社の事例から制作会社を選ぶことができるため、自社の目的に合わせた手法・予算で動画制作を依頼できます。

同じカテゴリのサービス
ThumbThumb

事例動画から制作会社を選べる
動画制作マッチングサービス

POINT1

事例動画から依頼したい制作会社を選定可能

POINT2

実績2,500社以上。中小企業の目線に立ったコンサルティング

POINT3

パッケージ販売ならではの導入しやすい価格帯

中小企業が動画活用を行う上での課題とは?

YouTubeのような動画配信プラットフォームや、TwitterやInstagramなど各種SNSで動画コンテンツを活用した企業のプロモーション施策を行うことが一般的になりました。とはいえ、自社で動画活用を検討するものの、なかなか実施に踏み切れないという企業もあるはずです。動画活用にあたって考えられる課題はどのようなものなのでしょうか。

動画の効果が明確にわからない

動画市場が盛り上がりを見せ、企業のプロモーション施策としても活用され始めていますが、動画活用に踏み切れない原因として考えられるのが、「効果」がわかりづらいことです。

動画は、ホームページ上のテキストコンテンツやネットショップなどと比べ、視聴したユーザーがその後どういった行動をしたのか「効果測定」を行いづらいという弱点があります。動画を認知やブランディングなどどういった目的で活用するのかによって異なりますが、自社のKPIに合った効果測定方法の策定は、動画活用における大きな課題と言えます。

内製・外注ともに高いコストが発生する

動画活用に踏み切れない原因として考えられるのが、コストです。自社で内製する場合、撮影機材の調達や動画編集など様々なコストが発生します。また、動画制作に関する知見も必要になるため、初めて動画制作を行う企業であれば、必然と制作会社への外注という選択肢になるでしょう。

とはいえ、外注を行う上でも制作費というコストが発生します。また、動画の制作費は、撮影手法や撮影スタジオの使用有無、実写やアニメーションなどによって大きく変動します。場合によって、1本の動画を制作するのに100万円を超える予算が必要になります。内製・外注ともに予算の確保が課題となります。

動画制作会社をどうやって選ぶべきか基準が無い

動画の活用を検討し、外部の制作会社への依頼をしようと考えたとき障壁となるのが、制作会社の選定です。動画制作会社は広告代理店からの請負業務を行っている企業が多く、発注者側から企業を見つけづらいことがあります。

そのため、発注者は制作会社ごとの強みや信頼性を把握しづらいため、どこに依頼すれば良いのかわからない場合があります。そのため、自社で動画を活用できる環境が整ったとしても、制作の依頼という点が課題になりえるでしょう。

MoviePrintとは

MoviePrintとは、動画制作マッチングサービスです。動画制作会社と発注者を引き合わせ、動画制作にあたってのコンサルティングを受けることができます。事例から動画制作会社を選定できるという特徴があります。

また、制作会社の選定だけでなく動画イメージの策定、ストーリー作成など発注者側が準備すべき業務のサポートやディレクションを任せることができます。

初めて動画を活用しようと検討している企業でも利用しやすいのが強みと言えるでしょう。また、動画イメージや制作会社の選定など、あらかじめ予算を踏まえてディレクションを行うため、予算が課題となっていた企業にもオススメのサービスです。

MoviePrintが解決できることとは?

こんな人にオススメ!

・動画の活用を検討しているがリソースが無い
・自社の世界観に合った制作会社選びに悩んでいる
・動画制作を依頼したいが予算的に難しい

動画制作の相談や予算を踏まえた手法をコンサルティング

「何から始めれば良いのかわからない」のような、初めて動画制作を依頼する企業でも、MoviePrintを利用することで多面的なサポートを受けることができます。自社商材の紹介動画や、ブランディング向けの動画、店舗紹介など目的に応じて動画イメージの提案を受けながら内容を決めることができます。

また、自社の予算に合わせて、撮影スタジオや屋外ロケなど場所の撮影環境の選定から、実写やアニメーションなど撮影手法の策定まで行えるため、限られた予算の中でもクオリティの高い動画に仕上げることができます。

豊富な事例動画から制作会社を選定できる

moviepring_-_1.jpg

MoviePrintの強みの1つが、豊富な事例動画です。MoviePrintで依頼できる動画制作会社が過去に制作した動画を確認した上で依頼を検討することができます。

ドキュメンタリーテイストに強みを持つ制作会社、CGアニメーションのクオリティに強みを持つ制作会社など、幅広いジャンルを網羅しているため、自社が理想とする動画のアウトプットイメージに合わせて選定してみましょう。また、MoviePrintの事例ページには、動画内容と合わせて費用も掲載されているため、概ねの予算を想定できるのもメリットと言えるでしょう。

パッケージ販売ならではの依頼しやすい価格帯

動画制作は一般的に、撮影内容が定まるまで明確な費用がわかりづらいという弱点があります。これは、撮影に掛かる時間や、編集の工数、ロケを行う場所、制作会社のスキルによって大きく変動するためです。

MoviePrintは、映像制作のパッケージ化を行っているため、あらかじめ費用を把握した上で制作会社に依頼することができます。また、実写やアニメーション、インタビュー系のように動画のイメージや、撮影素材の内容によって3つのプランが提供されており、予算に合わせて依頼しやすいのが強みです。

【ライトプラン】 
初期費用:300,000円
月額:10,000円

【スタンダードプラン】
初期費用:500,000円
月額:10,000円

【ビジネスプラン】
初期費用:790,000円
月額:10,000円

担当者からのメッセージ

MP_member
スターティアラボ株式会社 コンテンツグループ部長 樋口清政氏

過去に動画制作を依頼した経験から、発注者側が予算や制作に関するハードルの高さを感じていました。また、弊社では動画コンテンツの普及に伴いARコンテンツ制作サービス「COCOAR(ココアル)」を提供していたこともあり、動画制作会社との付き合いがあったことが「MoviePrint」を提供するキッカケとなりました。

MoviePrintでは、費用をパッケージ化し、制作にあたってのディレクションを必要最小限に抑えたことで中小企業でも利用しやすい価格帯を実現しています。

また、弊社ではWeb制作やAR制作、電子書籍制作など様々なサービスを提供しているのですが、過去に約2,500社以上の中小企業とのお取引実績があります。課題のヒアリングから制作ディレクション、コンサルティングに強みを持っているため、初めて動画を活用される企業でも安心して利用していただけると思います。

価格・契約期間

価格・契約期間詳細を見る

価格・キャンペーン情報

ライトプラン
初期費用 300,000円(税抜)
月額費用 10,000円〜(税抜)
スタンダードプラン
初期費用 500,000円(税抜)
月額費用 10,000円〜(税抜)
ビジネスプラン
初期費用 790,000円(税抜)
月額費用 10,000円〜(税抜)

契約期間

詳しくはお問い合わせください。

マケスト編集部より

動画を利用するメリットを理解していても、予算や制作のハードルを感じて導入できないという企業が多く存在します。そういった課題を解決できるのが、MoviePrintです。

動画イメージや費用感をあらかじめ把握した上で、制作会社へ依頼できるため、「見知らぬ制作会社へ依頼する」といった不安も解消できるではずです。人材や予算、制作時間など動画制作に当たって発生するコストを削減することにも繋がるでしょう。

動画制作・映像制作サービス『MoviePrint』のもっと詳しい情報を入手しよう!

操作画面や使い方、事例や他社比較など、より詳しい情報の取得や無料トライアルの申込(実施企業のみ)ができます。導入にあたっての検討材料にお役立てください。

動画制作・映像制作サービス『MoviePrint』

企業名

スターティアラボ株式会社

このサービスの資料ダウンロードした人は、こんなサービスもダウンロードしています。