Zendesk(ゼンデスク)

デンマーク発祥のカスタマーサポートサービス「Zendesk(ゼンデスク)」。メールやチャット、電話などマルチチャネルからの問い合わせを一元管理することで、効率的かつ顧客満足度の高いサポートを可能にします。また、API連携により、他のサービスと組み合わせて利用できることも大きなメリットです。
Normal
Normal

カテゴリー


利用料金

詳細を見る
月額550円〜
    • 無料プラン
    • なし
    • 無料トライアル
    • あり

こちらのサービスは現在、資料を取り寄せることができません。

同じカテゴリのサービス
ThumbThumbThumb

Zendesk(ゼンデスク) とは?

対応だけで手一杯。受け身のカスタマーサポートを変えて、サービスの質を向上させる

Zendeskとは、カスタマーサポートに関するコミュニケーションを一元化できるツールです。
顧客からの連絡は、メール、チャット、電話、メッセージアプリなど、チャネルを問わずすべてのお問い合わせが「ビュー」と呼ばれる画面に集約されるので、やり取りを見逃すことがありません。
各チャネルから届いた顧客からの問い合わせは、チケットと言う概念のもと管理されます。


特集ページでもっと詳しく知る

Zendesk(ゼンデスク) の機能・特徴

  • Zendesk_チャネルの選択
    ルーペ
    メール、SNSのメッセージ機能、電話、チャットなど、マルチに連携しています。
  • Zendesk_チケットの管理
    ルーペ
    顧客からの問い合わせを「チケット」として定義。1つの問い合わせに対してユニークな番号を振ります。
  • Zendesk_問い合わせのデータ化
    ルーペ
    レポート機能では、返信までにかかった時間やどのような問い合わせが多いかを確認することができます。
  • Zendesk_よくある質問
    ルーペ
    マクロ機能により、回答のテンプレートを作ることができます。

Zendesk(ゼンデスク) の導入実績・事例

このサービスを使っている会社

  • ソニーネットワークコミュニケーションズ 株式会社
  • Lancers株式会社
  • Uber
  • 株式会社サーバーワークス
  • GMO ペパボ株式会社
  • freee株式会社
  • 株式会社サイバード
  • Lonely Planet
  • Airbnb
  • 株式会社ココナラ

Zendesk(ゼンデスク) の料金・プラン

  • Essential
    • 月額
    • 550円(税抜)
    • 初期費用
    • -円(税抜)
    • 最低契約期間
    • -
    • 導入までの目安時間
    • -
  • Team
    • 月額
    • 2,090円(税抜)
    • 初期費用
    • -円(税抜)
    • 最低契約期間
    • -
    • 導入までの目安時間
    • -
  • Professional
    • 月額
    • 5,400円(税抜)
    • 初期費用
    • -円(税抜)
    • 最低契約期間
    • -
    • 導入までの目安時間
    • -

※上記は、Supportプラン利用時の1エージェントあたりの月額料金を日本円に換算した場合の金額です。
1ドル110円で計算しています。

その他、1エージェントあたり月額99ドル(約11,000円)のEnterpriseバージョン、199ドル(約22,000円)のEliteバージョンもございます。

また、すべてのSupportプランに、各プランのLiteバージョンが付属しています。
それぞれのプランを個別に利用する際の金額は、下記をご参照ください。

Lite Team Professional Enterprise
Chat 0ドル 14ドル 29ドル 59ドル
Talk 0ドル 19ドル 49ドル 89ドル
Guide 0ドル - 15ドル 29ドル

※上記はエージェントあたりの月額料金です。

サービスの特徴

無料プランなし
無料トライアルあり
推奨人数制限なし
日本語対応あり
モバイル対応Androidアプリ / iPhoneアプリ

担当者の声

Normal

「顧客の期待値どおりの関係性を築いていく」カスタマーサポートを

ここ最近、カスタマーサポートや顧客とのコミュニケーションを、サービス企画時から設計されている企業様が増えてきています。
サービスの良し悪しを決めるのは、顧客です。顧客の声をちゃんと聞いていかないとうまくいかないのでは?という考えが出てきているのを、肌で感じています。

顧客と深く関わりたいのか、それともうまく効率的に行いたいのか。
企業としての姿勢や意図をきちんと伝えた上で、「顧客の期待値どおりの関係性を築いていく」カスタマーサポートが求められています。

AIやチャットボットも増えてはきてはいますが、お客様との関係をよくする、深くするのは、やはり人と人とのコミュニケーションです。
Zendeskは、顧客の声を聞くという点を強く重要視しています。

チャットやメールなど顧客が使いたいチャネルを複数提供しつつ、それらの全ての問い合わせが1つのシステムに集約されるため、チームで一貫した対応が可能です。さらにコミュニケーションに必要な文脈を共有することができるので、顧客が企業とまたコミュニケーションしたいという気持ちを作ることに役立てることができるのです。

Zendeskはマルチチャネルに対応はできますが、どのチャネルで対応するのかという選択も企業にとって必要です。
製造業で発展してきた日本においては「サービス」に対して価値が低く見られがちですが、サービスがビジネスとして成り立つことで、まだまだ発展していけるはずです。

サービスには、カスタマーサポートが重要です。サービスとカスタマーサポートの発展を、私たちは支援していければと考えています。

マケスト編集部のおすすめポイント

カスタマーサポートに電話したけどなかなかつながらなくて苛立ってしまう…。
知りたい情報と違う回答が返ってきて時間が無駄になった…。

実際にカスタマーサポートを利用した際に、そのような経験をしたことがある方も多いのでは?
回答までの時間は、長くなればなるほど大きなクレームにも発展しやすくなってしまいます。

Zendeskは、対応までの時間を見える化することで改善のヒントが見つかりやすい状態にするだけではなく、
問い合わせを一元管理することで、顧客にかけてしまう余計な手間やストレスを、減らすことができます。

カスタマーサポートを利用して顧客満足度を高めたいとお考えの方にとって、Zendeskはかなり有用なツールなのではないかと感じました。

また、Zendeskは必要に応じてサービスを選択することも可能です。

・サービスのすべてを利用できる「Zendesk Support 」
・ライブチャットができる「Zendesk Chat」
・コールセンターソフトウェアの「Zendesk Talk」
・ナレッジを構築し問い合わせを削減できる「Zendesk Guide」

など、さまざまなサービスがありますので、自社のカスタマーサポートにお悩みの方はぜひ一度無料のトライアルを試してみることをおすすめします。

企業情報

企業名株式会社Zendesk
代表者名藤本 寛
資本金-
所在地東京都中央区京橋2-1-1 京橋エドグラン

このサービスの資料をダウンロードした人が見ているサービス

同様の課題解決におすすめのサービス